physalis [フィザリス] 食用ほおずき・ホオズキ(酸漿)

| コメント(0) | トラックバック(0)
ほおずきって言葉のひびき、可愛くて大好きです。
フランス語だとphysalis[フィザリス]。
こちらも負けずにかわいい。
小さい頃、自宅の庭にあって、秋になると種を上手に出しては遊びました。
ノスタルジックな思い出と相まって、一層愛おしく感じるのでしょう。
最近日本でも苗が出回りだした食用のほおずき、早速栽培しています。(母が。)
デザートのお皿に、小さな宝石のような黄や緑のまあるい実を見つけたら、それ、うちで採れたほおずきです。
怖がらずに食べてみてください。
熱帯のフルーツのように香り高く、強い酸味と甘みがあって、本当に美味しい。
欧米では体に良いフルーツとしてすでにポピュラーな様ですが、日本ではまだまだ知られていないみたいです。
乾燥のものもあるのですが、これがまた美味。
フランスで買ったものが切れてしまったので、今はアメリカのオーガニックのものを仕入れています。
自家製グラノラの大事な一要員です。
品種がたくさんあるので、今はいろいろ育てて(母が。)どれがいちばん好みの味か見極めようとしているところです。
来年は選抜メンバーを、もうすこしたくさん栽培できるといいな。
そうしたらまた、新しいデザートを作ります。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cafesuave.com/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする

カテゴリ

  • イベント
  • カフェ スアーヴ
  • カフェメニュー関係

ウェブページ

  • mt_img

このブログ記事について

このページは、cafe suaveが2012年8月 3日 22:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近頃とっても流行っている麹について」です。

次のブログ記事は「8月のお料理は、タコライスです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。