甘夏のフラン

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近、パンプディングにはまっています。
バゲットのきれはしがたくさんあると、玉子と生クリームでアパレイユの卵液を作りしばらくの間浸して置きます。
その間に耐熱容器にバターをたっぷり塗って、強めに焦がしたキャラメルを流し込んで冷まします。
バゲットに卵液が十分染みて柔らかくなったら、耐熱容器に並べてオーブンへ。
30分ほど焼いたらあとは余熱で火を入れます。
半分はあつあつにバニラアイスを添えていただきます。
残りのもう半分は一晩寝かせてしっとり馴染んでから生クリームと。
どちらも選びがたく素敵なデザートになります。
さて、甘夏のフランのタルトレット。
実はこのパンプディングを作っていて思いつきました。
なのでカスタードの下には苦めのキャラメルが敷き込んであります。
但し、パンは入っていませんのであしからず・・・

甘夏フラン.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cafesuave.com/mt/mt-tb.cgi/59

コメントする

このブログ記事について

このページは、cafe suaveが2013年6月15日 09:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小夏のタルトレット」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。