| コメント(0) | トラックバック(0)
もう秋ですね。
このブログからは、すっかり夏が抜け落ちてしまいました。
今年の夏はとにかく仕事的にも個人的にも大変忙しかったのですが、とりあえず無事に乗り切れてほっとしているところです。
覚えている限り、すこしだけ振り返ってみます。
スアーヴではカフェの一角とウェブ上でモロッコ雑貨を取り扱っているのですが、恵比寿の三越さんに夏休みの間、ちょこっと出店させていただきました。
たくさんの素敵な作家の方たちやお店の方と知り合えて、素晴らしい経験になりました。
来月にはそこで意気投合した友人たちが、カフェに遊びに来てくれるとの事。
とっても楽しみです。
そしてその出店の最中に地元の友人が結婚。
ガレットを2種類ケータリングさせて頂きました。
ジャズあり、コンテンポラリーダンスあり、のとってもオシャレなガーデンパーティー。ここ、ほんとに沼田?というくらい。おとなりでケータリングされてた、あの辰巳さんレシピのスープも美味しかった。
結婚といえば大学からの最も頼れる友人もめでたくこの夏結婚し、現在は仕事をやめてアメリカ縦断中。梅雨のさなかにあり得ない程の快晴の中での式。あらためて強運ぶりを見せつけられました。場所は横浜の某老舗ホテル。さすがに可愛かった〜。本人は云わずもがな。うっとりする内装と雰囲気で、過去にタイムスリップした気分を味わせて頂きました。
また、フランス時代の友人の結婚式に出席するため神戸にも行きました。
六甲の自宅でのアットホームかつインターナショナルなパーティーは、大きな刺激に。ベランダからの景色も絶景で、パティシエールの彼女とカフェ勤務のダンナ様の作ったお料理の数々とデザート、この夏食べたもののなかでいちばん美味しかった。

mariage.jpg

それからパリに住むモロッコ人の友人が、2週間ほど遊びにきてくれました。
とっても美しいモロッコ料理の本と、フランス菓子の本をお土産に。
迎えに行った羽田からの帰りの車中は、嬉しくて興奮状態。
更にお菓子やクスクスや上質なサフランもたっぷり頂きました。
仕事が休めないのであまり満足に案内してあげられませんでしたが、初めての日本をとても気に入ってくれました。
台風が直撃して京都行きがあえなく中止になったのは本当に残念でしたが、次回のリベンジを誓って帰国しました。
友人がいる間、比較的近いのに訪れる機会のなかった様々な場所に行く事が出来てとても楽しかったです。
そんなわけでモロッコ気分が抜けず、10月のお料理はひさしぶりにクスクスをお出ししています。

couscous.jpg

それからほかにもばたばたといろいろな事がありました。
ちょっとひとやすみ、という気分なのですが、そうは問屋が卸さないのがこの職業。
また今年もフランス祭りの季節が近づいていたのです!
昨年は初めて参加して、ぼろぼろになったあの、恐ろしくも楽しいイベント・・・ぐんまフランスまつり。
厨房で料理を仕込みながら眠気で膝が落ちる、というかつてない経験をさせていただきました。
ぐんまでフランス、という一見無謀にも思えるこのイベントですが、実行委員の方々のなかには在仏歴十数年の強者たちが。しかも食の分野でのすごい経歴をお持ちです。
なので侮るなかれ、昨年は着任したばかりのフランス大使まで訪れたすごいイベントなのです。
ところがここにきてもスアーヴのメニュー、構想はありつつもなにひとつ具体化していない不安な状況。頭のなかでまだモヤモヤしています。
とはいっても容赦なく時は過ぎるので、今年もぐんまフランスまつりは2013年11月22日〜24日の3日間、群馬県庁で開催されます。
また近日中に経過を報告できると良いのですが、半年後に事後報告になってしまったらごめんなさい・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cafesuave.com/mt/mt-tb.cgi/60

コメントする

このブログ記事について

このページは、cafe suaveが2013年10月16日 02:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「甘夏のフラン」です。

次のブログ記事は「椿」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。