recette de chermoula

| コメント(0) | トラックバック(0)
〜シャムーラのレシピ〜

A
コリアンダー(パクチー) 20g
イタリアンパセリ 20g
にんにく 1片

B
クミンパウダー 小さじ1/2
パプリカパウダー 小さじ1/4
塩 小さじ1/4
胡椒 適量
レモン汁 15g
辛いのが好みの方はカイエンヌペッパーを適量

Aの材料は全てみじん切りにしてボウルへ入れ、Bを加えよく混ぜ合わせる。
または全てをフードプロセッサーにいれて、ペースト状に仕上げても良い。
その際は水を少量足すと回りやすいです。
塩の量は好みで変えて下さい。

作ったシャムーラでお肉やお魚を2時間以上マリネして、好みの野菜と一緒に蒸し焼きにすると、立派なタジンの出来上がりです。
タジン鍋が無いときは、ルクルーゼやストウブなどでも大丈夫。
また、耐熱皿にアルミホイルをぴったりとかけて200度くらいのオーブンに入れて1〜2時間、最後にアルミニウムを外して表面をこんがり焼くと、とっても香ばしく仕上がります。
スムール(クスクス)と一緒に食べたい時は、予め水を少し足しておくと良いと思います。
タジン以外では、人参やカリフラワーなどの蒸した野菜を和えて軽く炒めても美味しいです。
モロッコでは、サーディンにシャムーラを詰めて揚げたものを良く食べました。
日本ではマイワシやアジなどで代用出来ます。
その際は塩分を控えめに作ってたっぷり詰めて下さい。

あれこれしつこく例をあげてみましたが、どんなお肉や野菜とも相性が良いのでかなりテキトウでも大丈夫です。
ぜひ作ってみてください。

シャムーラ.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cafesuave.com/mt/mt-tb.cgi/93

コメントする

このブログ記事について

このページは、cafe suaveが2014年10月 5日 19:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「tarte au tatin」です。

次のブログ記事は「素敵な本のご紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。