"ドローラ節子のくらし展"のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
本日より、松屋銀座にて、バルテュス婦人であるドローラ節子さんの展覧会が開催されています。
バルテュスといえば、ピカソをして20世紀最後の巨匠といわしめた美術界の巨人。
昨年、東京と京都で催された大規模な回顧展が大変な評判だったのも記憶に新しいところです。
その婦人、節子・クロソフスカ・ド・ローラさんの、日々の暮らしを紹介する今回の展覧会。
バルテュス没後も和服を凛と着こなし、スイス最大の木造建築であるグランシャレに住まい隅々にまで美意識を行き渡らせる、その丁寧なくらしぶりの一端が明かされます。
さて実は、この度の展覧会にて、スアーヴの雑貨をお取り扱い頂いています。
バルテュスは一時期モロッコに住んでおり、節子婦人自身もモロッコのフェズ国際神聖音楽祭名誉委員を努めておられます。
著書の中でも度々モロッコの事象に触れられるなど、彼の地と少なからぬご縁を感じておられる様子・・・
そんな節子夫人の展覧会を彩る一部に、スアーヴの雑貨たちが加えてもらえるなんて、とっても光栄です。
会期は今日9月25日から10月5日まで。
松屋銀座8階イベントスクエアにて開催されます。
皆さんもぜひ是非足を運んでみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cafesuave.com/mt/mt-tb.cgi/105

コメントする

このブログ記事について

このページは、cafe suaveが2015年9月25日 22:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「素敵な本のご紹介 part Ⅱ ーモロッコの台所ー」です。

次のブログ記事は「午後のフラワーレッスン好評開催中(笑)です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。