完熟ゴボウと牡蠣のコンフィの和風リゾット

| コメント(0) | トラックバック(0)
11月7日〜23日の間、伊勢崎完熟ゴボウ「甘久郎」を使った特別メニューを提供しています。
すっかり恒例となった伊勢崎市農と食の戦略会議によるキャンペーンですが、昨年はこのゴボウ、大変な反響だったそうです。
スアーヴが参加したのはその少し後からなので、甘久朗を使わせていただくのは初。
どんなゴボウなのかずっと楽しみにしていました。
まず結論から言うと、スーパーで普通に手に入るゴボウとは、違うお野菜といっても良いほど全くの別物です。
生で食べてみるととっても良くわかると思いますが、フルーツ並みに甘く、香り豊か。
軽く火を入れるだけでほどよく柔らかくなります。
スアーヴでは、ささがきにしてさっと火を入れ、牡蠣の出汁で和風のリゾットに仕立てました。そこに低温のEXVオリーブオイルでコンフィにした広島県産の牡蠣と、素揚げにしたゴボウをトッピング。
さくさくの香ばしさと、しっとり柔らかなゴボウの食感が味わえます。
キャンペーンは23日までですが、スアーヴはイベント出店のため20日より3日間お休みとなってしまいます。
出来れば皆様、19日までに是非食べにいらしてください。

rizotto.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cafesuave.com/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする

このブログ記事について

このページは、cafe suaveが2015年11月13日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「午後のフラワーレッスン好評開催中(笑)です!」です。

次のブログ記事は「第5回ぐんまフランス祭りのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。