カフェメニュー関係の最近のブログ記事

先月は伊勢崎市農産物地産地消推進の協力店として、頂いたお題が"白菜のサラダ"でした。
白菜をサラダで食べた事が無かったので聞いた当初は驚いたのですが、十兵衛のあの甘さと瑞々しさ、歯切れの良さは、サラダとして食べる事によってより引き立ったと思います。
新しい提案を頂けてとても良い経験になりました。
お陰さまでスアーヴの十兵衛白菜のシーザーサラダ、とっても好評でした!
市内にあるファーマーズマーケットからかーぜでも十兵衛が連日昼頃には売り切れだったそうです。
今年は完売してしまったそうなので、また来年を楽しみに待ちたいと思います。
さてさて、3月のお題は"トマトのリゾット"となりました。
ぎゅっと旨みの詰まった甘酸っぱいトマト、「ジュリア575」。
甘いだけではなくて酸味も香りもしっかりあるこのトマト、スアーヴでは甘くて酸っぱくてちょっと辛い、エスニック仕立ての玄米リゾットにしてみました。
火をいれても、生でも美味しいので、欲張って両方の良いとこ取り。
半分はお米と煮込んで、半分はさっと温めて乗せました。
ぷりぷりの小エビと香菜などのハーブをたっぷり、香ばしい揚げピーナッツも添えて。
香りものが苦手な方はご遠慮下さい・・・だけど、エスニック料理が大丈夫な方は是非お試し下さい!

ジュリアのリゾット.jpg

大和芋の蒲焼き風丼

| コメント(0) | トラックバック(0)
今月のお料理、大和芋の蒲焼き風丼。
先月はモロッコ料理でしたが今月は、なんだかよくわからないけどスアーヴなりの和風。
けれどオープン当初からのお客様には懐かしいかもしれないお料理です。
今もリクエストの多い「ごはん定食」のなかで、よく作っていたメニューです。
このところモロッコやフランスに浮気中で、めっきり和から離れていました。
でも実は、"気に入ったごはん茶碗が見つからない"ことがごはん定食が作れない最大の理由といっても過言ではありません。
オープンの時に揃えたごはん茶碗がフォルムから手触りまですべて完璧だったのですが、ほとんどが割れたり欠けたりしてしまい、今では4つしかありません。たしか20個くらいあったはずなのですが。
製造が終了していて買い足せないまま、最近は探すことさえ忘れています・・・
今回、丼にしたのはぴったりの素敵な器があったからです。
使用しているのはイッタラ社のボウル。
うっとりするような独特の艶と深みのある発色は、高級感があって和食にも似合います。
ティータイムには同じく北欧のアラビア社のボウルとセットで使用して何通りもの色合わせを密かに楽しんでおりましたが、ランチやディナーで使用するのは初めてです。
スアーヴには過酷な業務用にも耐えて尚美しい器と、手作りの壊れやすい器が混在しています。素敵な器で食べると食事の時間がもっと楽しくなる気がしますよね。
というのは口実で、ただ無類の器好きかもしれません。
スアーヴに来たら、東西玉石硬軟入り交じった器の数々にも、ちょっとだけ注目してみて下さいね。

yamatoimo.jpg

このたびスアーヴは、"伊勢崎市産農産物地産地消推進"の協力店というものに登録させて頂きました。
市内の飲食店がそれぞれ、その時々の旬の農産物を使ったメニューを提供するというもの。
今回のテーマは白菜のサラダです。
白菜でサラダなんて、ちょっとびっくりしませんか?
お鍋でとろりと柔らかくなったり、漬けられてしんなりしている白菜しか想像出来ないかたに、ぜひ試してほしいです。
伊勢崎市で作られている特別な白菜「十兵衛」。
驚くほど瑞々しくて、とっても甘い白菜です。
さっくりとした歯ごたえは、まさにサラダにぴったり。
スアーヴでは、にんにくを効かせたシーザーサラダに仕立ててみました。
2月15日から3月1日までの期間限定で提供します。
ぜひご賞味ください。

十兵衛シーザーサラダ2.jpg

1月のメニュー

| コメント(0) | トラックバック(0)
前回のブログから暫く間があいてしまいました。
年末年始もとっくに通り越してしまいましたが、今年もどうぞスアーヴを宜しくお願い致します。
フランス祭り以来の更新なのですが、今月のお料理はその際に提供させていただいた"クスクス アラ メルゲーズ"です。
お店でも食べたいという声が多かったので、早速お出ししています。

クスクスメルゲーズ.jpg

それから、どうしてもイカスミのスパゲッティーが食べたい!との、ある人物のリクエストに答えて、今月はイカスミのスパゲッティーが登場しています。
オープン9年目にして初めて作ってみました。
お好みで混ぜながら召し上がって頂けるように、バジル風味の特製アイオリソースを別添えにして提供しています。
口の中が真っ黒になってしまうし、かなりにんにくの効いたインパクトのある味なので、あまり出ないかなーと思っていたのですが、予想外の人気っぷり。
リピートしてくれる方もかなりいるそうなので、嬉しい驚きです。

イカスミ.jpg

recette de chermoula

| コメント(0) | トラックバック(0)
〜シャムーラのレシピ〜

A
コリアンダー(パクチー) 20g
イタリアンパセリ 20g
にんにく 1片

B
クミンパウダー 小さじ1/2
パプリカパウダー 小さじ1/4
塩 小さじ1/4
胡椒 適量
レモン汁 15g
辛いのが好みの方はカイエンヌペッパーを適量

Aの材料は全てみじん切りにしてボウルへ入れ、Bを加えよく混ぜ合わせる。
または全てをフードプロセッサーにいれて、ペースト状に仕上げても良い。
その際は水を少量足すと回りやすいです。
塩の量は好みで変えて下さい。

作ったシャムーラでお肉やお魚を2時間以上マリネして、好みの野菜と一緒に蒸し焼きにすると、立派なタジンの出来上がりです。
タジン鍋が無いときは、ルクルーゼやストウブなどでも大丈夫。
また、耐熱皿にアルミホイルをぴったりとかけて200度くらいのオーブンに入れて1〜2時間、最後にアルミニウムを外して表面をこんがり焼くと、とっても香ばしく仕上がります。
スムール(クスクス)と一緒に食べたい時は、予め水を少し足しておくと良いと思います。
タジン以外では、人参やカリフラワーなどの蒸した野菜を和えて軽く炒めても美味しいです。
モロッコでは、サーディンにシャムーラを詰めて揚げたものを良く食べました。
日本ではマイワシやアジなどで代用出来ます。
その際は塩分を控えめに作ってたっぷり詰めて下さい。

あれこれしつこく例をあげてみましたが、どんなお肉や野菜とも相性が良いのでかなりテキトウでも大丈夫です。
ぜひ作ってみてください。

シャムーラ.jpg

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカフェメニュー関係カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはカフェ スアーヴです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。